格安ホームページ作成10,000円〜!久留米市、八女市、鳥栖市周辺|Webサイト作成ならTANOSHIKAへ

集客・成約率を上げる文章術

集客・成約率UPのための’売れる’文章術

SEOに強い!Webライティングの基礎知識

日常のライティングでは「わかりやすく正しく伝える文章」が必要です。Webライティングでは「SEOに強い」という要素が必要です。ここではSEOに取り組む効果について紹介します。

 

Webメディアの3つの特性

★検索されるメディアで、すべては検索から始まる。
★一瞬で嫌われるメディアで、ファーストビューの第一印象だけで好き嫌いが判断されます。
★縦スクロールのメディアで、お客様が求めている順番で情報を並べていくことが大事です。

 

お客様の訪問数をUPさせる

★SEOを頑張って自分のWebサイトを上位表示しておくことは、本気度の高いお客様との出会いを増やすことに繋がります。

 

広告とSEOとの役割分担を把握することで広告費の削減につながる

★開設間もないころは、有料広告で集客しながらSEO対策を行い順位を上げていきます。
★最近は広告を避ける人が多く広告の運用が難しくなっています。SEOでの集客を目指しましょう。

 

SEOによって手元にコンテンツという財産が蓄積できます

★お客様に役立つコンテンツを作成することがSEOの近道で、文章は画像や動画に比べると作りやすいコンテンツです。
★ユーザーの役に立つ高品質のコンテンツはSNSでシェアされ拡散されたコンテンツからも新たな集客ができるようになります。

 

SEOによってWebサイトの価値を高める

★質の高いリンク、特に関連性の高いWebサイトからのリンクは、SEO的な評価を高める要因になります。
★SEOを行っていくうえでは、今も変わらず「コンテンツの重要性」と「リンクの重要性」があります。
★検索上位に表示されていることがブランディング効果を生み出していることになります。

集客力のあるWebサイト構築《キーワード選定とコンテンツ企画》

どんなターゲットに対して、どんなキーワードを選び、どんなコンテンツを制作していくかを企画・設計していきましょう。コンテンツSEOを成功に導くにはコンテンツ作成前の準備が必要です。

 

失敗しない「キーワード選定」3つのポイント

★マーケティングの3Cを理解しておくことが大事です。 … 「自社(Company)」、「市場・顧客(Customer)」、「競合(Competitor)」
★競合が多いビッグキーワード1語を狙うのではなく、ロングテールの複合キーワードを狙う方が、SEOを行いやすいという特徴があります。
★お客様が検索するキーワードには「調べたい」「買いたい」などの検索意図が含まれています。

 

良いキーワードを選定するためには、候補となるキーワードを大量に洗い出す

★ツールを使って過去の検索ワード(関連キーワード)を集めたり、今後の検索数の予測を行ったり、検索需要を調べたりしましょう。

 

競合サイトを1つずつ自分の目で調査する

★リスティング広告がたくさん表示されているか調べましょう。
★大手企業や有名な企業のWebサイトがあるかを調べましょう。
★狙ったキーワード専門のサイトがあるかを調べましょう。

 

自社サイトの順位が何位なのかを調べて現状を把握するのが重要

★調べたいときにインターネット上で即チェックしよう。
★たくさんのキーワードでの順位を継続的にチェックしよう。

 

キーワードに優先順位をつけて年間スケジュールで管理する

★キーワードを100件くらいに絞り込み、優先順位をつけましょう。
★年間スケジュールを立てて、大目標、中目標、小目標で管理して、コツコツ対策していきましょう。

 

良質で有益なコンテンツを企画する

★良質とは、そのWebサイトにしか書けない「オリジナルコンテンツ」のことです。
★有益とは、「お客様に役立つかどうか」ということです。
★具体例で言うと「事例」「取材・インタビュー」「よくある質問・FAQ」「お客様の声・体験談」などです。

 

アイデア勝負で新コーナーを設計する

★SEO用の記事をUPするための新コーナー(研究所、塾、クラブなど)を検討しましょう。
★お客様が何度も訪問したくなるような「ファンが集まるコンテンツ」を企画しよう。

 

コンテンツの設置場所を決める

★内部要素を強くする「サイト内コンテンツ」には、目標キーワードと関連性の高いコンテンツをUPしていこう。
★外部要素を強くする「サイト外コンテンツ」では、自社サイトへのリンクを張ろう(無料ブログを活用したり)。

 

執筆のルールを取り決めた「執筆ガイドライン」を作成する

★誰が読むのか(ターゲット)を明確にすることが文章を書く第一歩です。
★何のための文章なのか(目的)を明確にしましょう。
★「ですます調」か「である調」かの文体、半角か全角かの表記ルールを決めましょう。
★SEO又はターゲットに合わせた言葉選び(ひらがな、カタカナ、漢字)をしましょう。

 

コンテンツ制作チームを編成する

★コンテンツ制作は、ディレクター(管理者)、ライター、チェッカー(校正)の3役を揃えて進めるのがお勧めです。
★社内ライター、社外ライターのメリット、デメリットを知って、適切な方法を選びましょう。

コンテンツマーケティング時代の文章術《ロジカルライティング》

コンテンツマーケティング(SEO)を実践するためには「文章を書く力」が必須です。ここでは正しくわかりやすい文章を書くテクニックを紹介します。文章の1行目を書く前に、どんな構成で書くかを決めることが重要です。

 

各ページのキーワードは1ページ=1キーワードで書く

★ページごとにキーワードを割り当て、各ページの目標キーワードを決めて、そのキーワードに集中した原稿を書いていきましょう。
★最初は、まず1ページ500文字以上を目標に、たくさんのページを作ってみましょう。

 

タイトルタグとディスクリプションタグを最適化する

★お客様がクリックしたくなるように、タイトルと説明文を競合よりも魅力的に、キャッチーにしておくことが大切です。
★SEO的にも最重要で、Googleはタイトルタグとディスクリプションタグをチェックして、検索結果の順位付の参考にしています。

タイトルタグの書き方ルール

・目標のキーワードを必ず入れる。
・ページの内容に合ったタイトルをつける。
・他のページとは違うタイトルをつける。
・28文字以内に設定する。
・目標キーワードは前方に入れる。

ディスクリプションタグの書き方ルール

・目標のキーワードを必ず入れる。
・目標キーワードを含め、ページの内容に合ったディスクリプションにする。
・他のページとは違うものにする。
・120文字を目安に設定する。
・単語の羅列ではなく、分かりやすい文章にする。

 

見出しタグ(h1〜h6)の書き方をマスターする

★ページ内の文章の構成を正しく伝え、SEO効果もある見出しタグを活用しよう。
★h1〜h6の役割と記述方法を守って記述しましょう。
★ページの大見出しであるh1タグは、各ページに一つだけ設定しましょう。
★大見出し(h1タグ)は、そのページの内容に合うものを簡潔にわかりやすく書きましょう。

 

「総論・各論・結論」でロジカルに書く

★総論は冒頭で伝えたいことを宣言し、各論で総論を具体的かつ詳細に展開し、結論で全体のまとめを行うという構成です。
★ロジカルライティングの典型的なフレームワーク「総論・各論・結論」の文章構成をマスターしよう。

 

パラグラフライティングをマスターする

★パラグラフ(段落)とは一つのテーマで統一された文章の集まりでであると理解しましょう。
★テーマが異なる内容を書きたいときは、パラグラフを2つに分けよう。
★パラグラフで書くメリットを理解し、パラグラフライティングを徹底しましょう。

 

「主題文、支時文、終結文」パラグラフの基本形をマスターする

★パラグラフの基本形(主題文、支時文、終結文)を理解しよう。
★主題文(トピックセンテンス)では、パラグラフ全体で伝えたいテーマ(主題)について「テーマ+限定句」の構成で書こう。
★支時文は、締めの役割を持たせ、最後のまとめを書こう。
★パラグラフの構成で組み立ててから、崩しを入れてみよう。
★箇条書きのパラグラフや図表を使ったパラグラフも活用しよう。

 

キーワード出現率よりも「ユーザーに役立つかどうか」が大事

★キーワード出現率を意識するSEOは古いSEOである。
★キーワード出現率にとらわれると読みにくい文章になる。
★Googleと同じ意識に立って「ユーザーにとって役立つ高品質のコンテンツ」を作ることだけを考えよう。

 

一文一義のルールで書く

★一文一義のルールはわかりやすい文章を書くための鉄則です。
★一つの文で、たった一つのことだけを伝えるように、単文で書くことを心がけよう。
★長い文、短い文のメリット・デメリットを知って書き分けよう。
★単文、重文、複文の違いを理解しよう。

 

主語と述語の使い方をマスターする

★主語と述語は近くに配置しよう。
★主語と述語のねじれをなくそう。

 

修飾語と被修飾語の関係を明確にする

★どの修飾語が、どの言葉にかかっているか(係り受け)が、1対1になるように書こう。
★形容詞、副詞を安易に増やさないようにしよう。係り受けが不明確な文は誤解を生む危険性がある。
★係り受けが複雑になって文が長くなった場合は、文を2つに分けるなどして、シンプルな文を書くように心がけよう。

 

箇条書きは、右脳と左脳で理解させる

★項目が目立ち、解りやすくなるので、箇条書きにできそうなところは、積極的に箇条書きを使いましょう。
★右脳と左脳の両方で理解しようとするので、箇条書きを効果的に使いましょう。
★順番性のあるものとない箇条書きを書き分けましょう。

 

箇条書きの項目数処理はマジカルナンバー7を使う

★脳の記憶の仕組みとして短期記憶と長期記憶があるということを理解しましょう。
★短期記憶では、時間にして20秒、7項目前後しか記憶できないので、項目数は7±2項目までにしましょう。
★箇条書きは必要に応じて階層化することで、より見やすくなります。
★箇条書きを使うことで、情報を図表化しやすくなります。
★箇条書きの行頭の記号は、あらかじめルールを決めておきましょう。

 

具体的でリアリティーを出すため文章に数字を入れる

★文章の中のあいまいな表現は、数字に置き換えましょう。
★数字によって読者の誤解を防ぎ、インパクトを出しましょう。
★数字をイメージしやすい比較対象を入れることによって効果的で、記憶に残る文章にしましょう。
★数字と比較対象を合わせて表記することで、数字の大きさが伝わりやすくなります。

 

固有名詞や普通名詞を入れて説得力ある文章を書く

★読者がイメージしやすい「一般名詞」を使いましょう。
★固有名詞を使うほうが一般名詞より具体的でリアリティーある表現になります。
★代名詞はなるべく使わないようにしましょう。
★固有名詞は必ず表記が正しいかどうかをチェックしましょう。
★略語を使う時は、正式名称も近くに記述しましょう。

 

臨場感を出すために会話やお客様の声を入れる

★第三者の発言は、会話形式で表現し、臨場感を出しましょう。
★かぎ括弧を使って第三者の声、お客様の声を掲載しましょう。
★お客様の声に小見出しやキャッチコピーを付けて読者をひきつけましょう。

 

漢字、ひらがな、カタカナの使い方

★漢字、ひらがな、カタカナのどの表記使うかは、印象の違いとSEO的観点の両面で確認しましょう。
★Googleの検索エンジンは、年々日本語に詳しくなってきていますので表記の違いも考慮しましょう。
★表記が違っていてもユーザーが検索しているキーワードとマッチすれば検索結果の上位に表示されます。

 

単調な文章は、文末や時制を変えて変化を与える

★単調な文章に見えないように文末表現は揃えないようにしましょう。
★体言止めを使って文末に変化を付けましょう。
★過去のことでも現在形で書くことで、臨場感、緊張感が伝わってきます。

 

読者に好かれるポジティブライティングで書く

★前向きで、積極的で、能動的な文章を書きましょう。
★否定表現を避けて、できるだけ肯定表現に修正しましょう。
★危険、注意、禁止などを伝える場合は否定表現、2重否定を効果的に使いましょう。
★受動態は、能動態に変更することでポジティブライティングが実現できます。

 

主観と客観を正しく理解して書き分ける

★主観で書いて親近感のある文章に、客観で書いて説得力の高い文章にしましょう。
★Webサイトの文章は、目的に応じて主観で書くか、客観で書くかを決めましょう。
★主観的表現と客観的表現をバランスよく織り交ぜよう。

 

品格を保つために言葉の使い方に注意する

★企業のWebサイト等では信頼を得るため書き言葉で書きましょう。
★尊敬語、謙譲語、丁寧語を正しく使い分けて品格を保ちましょう。
★不適切な表現、差別用語を使わないようにしましょう。

 

コンテンツを制作する際の情報収集術と著作権のルール

★専門家に聞く、書籍や雑誌を調べる、インターネットで調べるなど情報収集の方法を使い分けましょう。
★コンテンツには著作権があるので、許可なくコピペ等をしないように注意しましょう。
★引用のルールを守れば、他人の著作物を利用できるので、うまく活用することで説得力の高いコンテンツを作りましょう。
★引用を行うときは引用タグを使いましょう。

 

インタビューから作る原稿はオリジナルコンテンツの代表的なもの

★インタビューでは日程調整、質問内容などの事前準備をしっかり行いましょう。
★インタビュー当日は、身なりや話し方に気を配り、相手に気持ちよく話してもらいましょう。
★原稿確認、WebサイトUP後の報告など最後までしっかり行いましょう。
★原稿にどんな編集を加えるかは読者に何を伝えたいか目的を明確にしましょう。

 

効果的な画像活用術…基礎編

★画像には、ユーザーの興味、関心を引くアイキャッチの役割があります。
★画像は楽しそう、わかりやすそう、面白そうなど良い印象を与えユーザーを読む気にさせる効果があります。
★画像はイメージ、雰囲気、印象など感覚的なことを伝えることができます。
★画像によって商品やサービスのターゲットが誰なのかが伝わります。
★画像を入れると左脳と右脳で理解できるので、ユーザーの記憶に残りやすくなります。

 

効果的な画像活用術…実践編

★SEO的には文字情報が主役で画像はサポート役だと心得ましょう。
★SEO的効果から画像化する場合も、文字情報は文章内に残しましょう。
★画像に頼りすぎず、文字情報を詳しく書きましょう。
★画像は、オリジナル画像がベストです。
★インターネット上の画像を使うときは、使用条件を確認して著作権に注意しましょう。

 

正しく伝え、読みやすくするための読点の役割

★読む人によって違った解釈ができるような文(ぎなた読み)は、正しい文とは言えません。
★読点は、意味の切れ目のタイミングで打ちましょう。
★読点は、主語の直後、接続詞の直後、息継ぎの直後のタイミングで打ちましょう。

 

校正がなぜ重要か

★校正は、「わかりやすさ」と「正しさ」の2つの観点で行いましょう。
★自己チェックでは、誤字脱字、表記の揺れ、用語の不統一などを取り除きましょう。
★5W2H、プリントアウト、時間を空ける、声に出す、チェックリストなど効率的な方法で確認作業をしましょう。
★無料・有料の校正ツールも活用しよう。

一瞬で引き付ける!《キャッチコピーライティング》

お客様の心を一瞬でつかむためには「強いイメージ」が必要です。短い言葉でもお客様の気持ちを確実につかむキャッチコピーを作成しましょう。キャッチコピーはセンスではありません。誰でも作成方法がわかればキャッチコピーは作れます。

 

キャッチコピーの設置場所

★インターネット上でお客様に行動してもらいたい色々な場所には、常にキャッチコピーが必要です。
★サイト訪問者を逃さず、ページを最後まで読んでもらえるように、ページの冒頭のキャッチコピーで心をつかむような工夫をしましょう。
★多くの読者をWebサイトへ誘導するため、検索エンジンやWeb広告、SNS広告、メールマガジンの件名等のキャッチコピーも工夫しましょう。

 

お客様のHappyを描こう

★インターネットでものを購入する行為には強い欲求があります。
★もっとHappyになりたい人には、プラスのキャッチコピーが効果的です。
★プラスのキャッチコピーを見ると、お客様は自分もそうなれる、なりたいと期待します。

 

お客様の悩みを解決しよう

★困っている、悩んでいるという人には、悩みを解決したいというマイナス(マイナス回避)のキャッチコピーが効果的です。
★マイナスのキャッチコピーを見ると、お客様は「このWebサイトは、私の悩みをわかってくれている。ここで相談すれば大丈夫」と安心感を覚えます。

 

お客様に問いかけよう

★質問されると答えたくなるという脳の仕組みを利用しましょう。
★問いかけのキャッチコピーは作り方が簡単なので、量産してみましょう。
★問いかけのキャッチコピーは、お客様に警戒心抱かせない親切なキャッチコピーなのでバナー広告に向いています。

 

数字を入れてリアリティーを出そう

★「たくさん」「多くの」などの漠然とした表現はやめて、具体的な数字を使いましょう。
★表記の仕方を変えれば、同じ数字を大きく見せたり小さく見せたりすることが可能です。
★数字は買い物をするときの決め手になるので、積極的に数字の入ったキャッチコピーを使いましょう。

 

あるあるネタで共感を誘おう

★日常生活のちょっとした出来事を「あるあるネタ」にして、共感されるキャッチコピーを作りましょう。
★お客様がどんな思考をしているかを考えて、関心ごとを具体的に探りましょう。
★共感してもらうためには「誰に共感してほしいか」を決めることが大事です。
★ノスタルジーと郷愁で「あるある」を狙いましょう。

 

ハロー効果で権威付けしよう

★心理学のハロー効果を利用した権威付けのキャッチコピーを掲載して、お客様に信頼感、安心感を持ってもらいましょう。
★外部の権威を借りることによって、より素晴らしい商品に見せることが可能です。
★大きな賞だけでなく、小さな賞も権威付けになります。
★権威付けのキャッチコピーには、証拠になる事実も掲載できるとベストです。

 

チラ見せで「もっと見たい」を誘う

★全体を露出せず、一部を隠すチラ見せのキャッチコピーを作りましょう。
★露出する言葉、隠す言葉の判断基準は言葉に引き付ける力があるかどうかです。
★隠しすぎると逆効果になりますので、もっと見たいと思わせるギリギリのところを演出しましょう。

 

当たり前のことを否定することでお客様に驚きを与える

★王道否定のキャッチコピーは、お客様へのインパクト(衝撃、驚き)が大きくなります。
★一般常識を書いて否定するだけなので、簡単に作れます。
★王道を否定したら、その先にお客様を納得させるコンテンツが必要です。

 

文字数は大手サイトのルールを目安にする

★キャッチコピーの長さは、どこに掲載されるのかで考えましょう。
★「Yahoo!JAPAN」のキャッチコピーの文字数=13文字を目安にしましょう。
★人気ポータルサイトのキャッチコピーの文字数、行数も参考にしましょう。
★スマホでどう見えるかのチェックも忘れずにしましょう。

 

呼びかけて振り向かせよう

★情報があふれる時代ではあらゆる情報がスルーされてしまいます。
★全員を対象にせずに、ターゲットを狭く絞って呼びかけましょう。
★年齢、性別、居住地などの属性で呼びかけましょう。
★お客様の感情を揺り動かすためには、プラスの欲求で呼びかけましょう。
★お客様のお悩みから訴求したい場合は、マイナスの欲求で呼びかけましょう。

 

認知的不協和でバランスを崩そう

★矛盾を嫌い、矛盾を正そうとする脳の仕組みを知りましょう。
★認知的不協和で、お客様の脳のバランスを崩しましょう。
★「○○○なのに○○○」と考えると認知的不協和を見つけやすくなります。

 

好奇心をくすぐろう

★好奇心が最も刺激される状態は、「もう少し知りたい」というときです。
★お客様が「知っていること」と「知らないこと」の重なりを見つけましょう。
★新しいノウハウ、効率的なやり方、スピーディーな進め方などを教えるタイプのキャッチコピーを作りましょう。

 

お客様の声を利用しよう

★お客様の声を利用したキャッチコピーを作ってみましょう。
★お客様の声やレビュ-は購入の決め手になるものなので、購入に繋がるキャッチコピーが作れます。
★お客様の良い声だけでなく、悪い声を使うとインパクトが大きくなります。

 

旬な言葉、トレンドワードを使おう

★Googleトレンドで、旬なキーワードを探しましょう。
★各種検索エンジン等の、急上昇ワードを調べましょう。
★日常生活の中で使われている言葉を、人との会話、テレビ、雑誌等から見つけましょう。

成約率を上げるための売れる文章術《エモーショナルライティング》

Webサイトには「目的」があります。「購入」「問い合わせ」「資料請求」「会員登録」等お客様に「行動してもらう」ことを目的にしているWebサイトはたくさんあると思います。「人を動かす」為には、エモーショナルライティングがおススメです。

 

ロジカルライティングとエモーショナルライティングで書き分ける

★Webライティングでは、目的に応じてロジカルライティングとエモーショナルライティングを使い分けましょう。
★結論を先に書くのがロジカルライティングで、結論を最後に書くのがエモーショナルライティングです。
★エモーショナルライティングの書き出しは、お客様の心に突き刺さるプラスのコピーまたはマイナスのコピーを使いましょう。

 

AIDCASの法則で書く

★お客様に行動させたいページ(商品ページ、サービス紹介ページ)は、エモーショナルライティングで書きましょう。
★冒頭にプラスのキャッチコピーを書く「AIDCASの法則」で商品ページを書いてみましょう。
★冒頭のキャッチコピーの理由、根拠を「3つの理由」として整理しましょう。

 

PASONAの法則で書く

★冒頭でマイナスのキャッチコピーを書く「PASONAの法則」で商品ページを書いてみましょう。
★冒頭のキャッチコピーの理由、根拠を「3つの理由」として整理しましょう。
★どんな商品も「AIDCASの法則」「PASONAの法則」のどちらでも展開可能です。両方の書き方にチャレンジしてみましょう。

 

購入ボタン直前のお客様を逃がさない

★インターネットのお客様は浮気性なので、他のWebサイトに逃げられない工夫をしましょう。
★購入ボタンの直前には「他店ではなく当店で買う理由」「後回しにせずに今買う理由」を記載しましょう。
★ボタンのデザイン、ボタンの中のコピーも工夫しましょう。

 

お客様が行動しやすいハードルの低いゴール設定を行う

★お客様が行動しやすいハードルの低い行動とは何かを考えましょう。
★ハードルの低い行動だけを置いても売り上げには直結しないので、そこからいかにして引き上げるかを考えておきましょう。

 

テレビショッピング流トークで自分事と意識させる

★テレビショッピングのトークには、お客様の心をつかむテクニック詰まっています。
★問いかけテクニックで、お客様の関心を引くように考えましょう。
★自分の視点テクニックで「で、それを買ったら私はどんなふうに嬉しいの?」を説明しましょう。
★どんな順番で、どんな内容を語るとお客様の興味関心を引くことができるのかを常に考えましょう。

 

男性向けコンテンツと女性向けコンテンツを書き分ける

★男性脳は、権威・客観的事実・ウンチクなどに反応しやすい特徴があります。
★女性脳は、他人の評価や自分がどう見えるのかなどに反応しやすい特徴があります。
★男性脳は、シンプルで論理的な文字情報を好む傾向があります。
★女性脳は、文字と写真やイラストを織り交ぜて感情に訴えかけられるのを好む傾向があります。
★男性脳と女性脳の違いを知って、より効果的なライティングを心がけましょう。

 

心理学を応用して選択しやすい文章を書く

★心理学を応用して、お客様に選びやすい環境を提示しましょう。
★「選択回避の法則」を応用して、気持ちよく選ばせましょう。
★「極端の回避性(松竹梅の法則)」を応用して、売りたいものに誘導しましょう。
★心理学を学ぶことによって、より行動につながるライティングを身につけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
Top Page 会社情報 料金目安&実績 マーケティング ライティング ネット集客戦略 お問い合せ